お酒買取で少しでも高く売るテクニックを知りたい!お酒買取のポイントなどを紹介

お酒買取ショップで少しでも高く売りたいのであれば、査定のポイントを押さえておくとよいでしょう。売れやすいお酒のポイントは、状態がよくて人気の銘柄です。 お酒を売りたいけれど、近くに買取してくれるショップがないというケースもあるかもしれません。そんな時には、遠方出張サービスがあるお酒買取ショップを利用するのがおすすめです。この方法ならば遠方にお住まいの方でも気軽に利用できます。高額査定を狙うのであれば、事前にボトルをきれいに掃除しておくとよいでしょう。

お酒買取は製造日から半年以内に売るべき理由

買取サービスでお酒を売るなら、製造日に注目してなるべく早めに売却をすることが大切です。お酒買取の査定では、品物の製造日や保管状態、品質などがチェックされます。賞味期限が表示されていないお酒であっても、長く保存をしていると品質が低下してしまうことがありますので、注意が必要です。劣化が進むとお酒の風味が変わってしまったり、臭いがきつくなってしまう、なども問題が生じます。お酒買取店によっては、製造後一年以内の品物のみ取り扱う、としている場合も少なくありません。長く保存し続けていると、価値が下がり買取不可になるリスクもあるのです。品質が保持される期間は、お酒の種類やメーカーなどにより異なるでしょう。いずれにせよ早めのタイミングに売却をしておくのが、一番安心だといえます。飲まずにそのままになっているお酒がある、しまいっぱなしになっているという場合は、劣化が進んでしまう前にお酒買取専門店の査定に出しましょう。

お酒買取は複数回に分けるのではなく1回にまとめてしまうのがコツ

飲まないお酒、不要になってしまったお酒を処分したいのであれば、お酒買取ショップを利用するとよいでしょう。ショップに持ち込めば、その場ですぐに現金化することができます。その際には、一度にまとめて買取に出すのがおすすめです。なぜなら、お酒買取ショップ側としては一度にたくさんのお酒を引き取った方が、いろいろな面で都合がよいからです。そのため、大量買取を歓迎しているところが少なくありません。 複数回に分けて買取に出してしまうと、売る側にとっても手間がかかってしまいます。お酒買取ショップが遠方にある場合には、電車代やバス代などもその都度負担しなくてはなりません。車で来店する場合には、ガソリン代がかかってしまいます。不要なお酒をまとめて売ってしまえば、1回の来店で終えることができます。無駄な経費が掛かりません。お酒は消費期限が長いので少しの間であれば放置しても価値が大きく下がることがありません。ある程度の本数がたまるまで、待ってみるのも手です。

お酒買取には宅配キットの用意もある

宅配でのお酒買取を利用する際に、梱包をどうしたらよいのかで悩む方もいるかもしれません。瓶に入っているお酒は割れやすいので、しっかりと梱包しておかなくてはなりません。そんな時には、宅配キットの発送に対応しているお酒買取業者を選んでみるとよいでしょう。電話やメールなどで申し込みをするだけで、ダンボールや梱包材などをすぐにお届けしてくれます。キットが届いたら、その中へ売りたいと思っているお酒を入れて、送り返すだけなので非常に簡単です。業者の中には、送り状も用意してくれている場合があります。その場合には、送り状を貼り付けたら、宅配業者に来てもらうだけで、手続きが完了してしまいます。 宅配キットの内容や料金などは各業者によって異なります。多くの業者では無料でキットを配布していますが、中には別料金となったり、売却額から差し引かれるケースもありますので、確認が必要です。業者の公式サイトにアクセスして、詳しい流れを確認しておくとよいでしょう。

お酒買取は自宅から発送する方法もある

お酒買取を依頼する際には、自宅から品物を発送することが可能です。近所にお酒買取を行う店舗が見られなくても、宅配便などの配送手段を使っていけば、自身の手を煩わせることなくお酒を売ることは出来るのです。ウイスキーには、高額査定を受けられる銘柄が多数存在します。国産の年代物のウイスキーには、定価の十倍以上の値をつけるものも数多く見られます。自宅を整理していたり、転居を行ったりした際には、古いお酒が出てくることもあるでしょう。先々に亘って飲む予定がない場合には、お酒買取に出してみるのも良いものです。多くの買取業者では、インターネットを使っての事前査定を行います。メールやSNSを使っての査定を実施した後に、商品の発送を行っていくかを判断する形を取るのです。ウイスキーに限らず、日本酒の類いにおいても、高額査定を受けられる銘柄は多数存在します。売却した代金はすぐに手に入れることも可能です。古くなったお酒を処分する際には、買取可能な品であるかを確認することも大切です。

大量に売るなら自宅出張型のお酒買取がベスト

お酒買取のサービスを利用するときに店頭で買取をお願いする場合は、自力で店頭までお酒を持って行かないといけないです。
大量のお酒を買取してもらう場合は、それだけ持って行くのが大変なことになりますから注意が必要になります。
仮に持って行っている最中に転倒などをしてしまうことで、折角高値で売れたお酒を台無しにしてしまうこともあるので、気をつけないといけないです。
大量に買取して欲しいときは、お酒買取のサービスで出張買取に対応しているところを利用するのが大切になります。
出張買取のサービスが用意されている場合は、自分で店頭までお酒を持って行かずに、自宅までお店のスタッフが出張してきてくれますから、面倒な手間をかけずに買取のサービスを利用することが可能です。
お酒買取のサービスを提供しているところの多くは、出張買取のサービスが用意されているので、安心してサービスを活用することができます。
出張の場合は自宅でお酒を現金化することができるので、安心してサービスを利用することが可能です。

飲まないお酒はすぐに査定してもらうのがお酒買取の秘訣

飲まないお酒はすぐに査定をしてもらい、価格に納得した時点でお酒買取をしてもらうことがお得になる秘訣です。
その理由は、飲まない場合は放置したままにしておくと品質が劣化してしまう可能性があるだけでなく、その銘柄そのものの価値が下がってしまうことがあるからです。
ビンテージ品やレアなもののお酒の場合は、時間がたてばたつほど価値が高くなるというものもありますが、全ての銘柄がそれに当てはまるわけではないからです。
お酒の価値は日々変動をしていますから、今の時点で必要がなく、お酒買取の査定で納得できる価格が出たときは手放すチャンスだといえます。
また基本的にほとんどのお店でお酒買取を行う際の見積もりは無料で行ってくれるので、自分の中でこの金額なら手放しても良いというものを決めておき、その金額に達したら買取りをしてもらうというのも1つの手段です。
手元に置いても嵩張るものなので、チャンスを逃さずにお酒買取を依頼することをおすすめします。

お酒買取は新品で買った状態に近いほど有利になる

お酒買取のサービスを利用するときに、どのようなお酒を持って行けば有利に買取してもらえるのかを知っておくのが大切なことになります。
基本的にお酒買取で有利に買取してもらうためには、新品に近い状態のお酒を持って行くのが大切です。
傷などがついていない新品に近い状態のお酒を持参することで、査定の金額が高くなる傾向がありますから、そこまで古くない商品を持っていくのが重要になります。
多少古くても高値で買取してもらうことができるお酒の種類もありますから、どのようなお酒を持参するのかによっても違いがあるはずです。
ウイスキーやワインなども古くても価値の高い商品であれば、高値で売却できますから、コレクションしておいて途中で売却することもできます。
逆に缶ビールや缶チューハイなども商品の場合は、古くなると価値がつかないこともありますから、できるだけ早めの段階で売却をするのが大切です。

クリスタルの容器に入った商品はお酒買取で人気が高い

クリスタルの容器に入った商品は買取で人気が高い理由は、その容器自体が美しく高級感があり、またお酒の品質を保つことができるためです。
容器はその美しさからコレクターアイテムとしての需要が高いためお酒買取市場でも人気があります。
ガラスよりも硬く緻密な結晶構造を持っているため、高級感があります。
光を乱反射する性質があり独特の輝きがあるのです。
この美しさは、お酒を楽しむ際の雰囲気を高めるためにも重要です。
この容器はお酒の品質を保つことができるため、お酒買取市場でも人気があります。
お酒は光や空気に触れると品質が損なわれるため、このような密閉性の高い容器が必要です。
特に高級なお酒は長期保存することで味わいが深まるため、この容器で保存することが一般的です。
このように容器に入ったお酒はその品質が高く、コレクターアイテムとしての価値があるため、お酒買取市場で高値がつくことが多いです。
一方、クリスタルの容器にはデメリットもあります。
ガラスよりも硬く、緻密な結晶構造を持っているため、加工が難しく、製造コストが高くなります。
この容器は重量があるため持ち運びが難しく収納スペースも必要です。
さらに割れやすいため、取り扱いには注意が必要です。

お酒買取は説明書などが揃っていると査定額アップ

お酒買取は、ワインやシャンパンなどは年号、ウィスキーやブランデーは熟成期間、焼酎や日本酒は製造日、それぞれお酒の種類により査定価格が変わりますワインは、中身の色味などである程度推測ができるのですが、経年により熟成して色味が変化します。
赤ワインの場合は、ルビー色のときは若く、黄褐色の薄いピンク色になると熟成されます。
白ワインの場合、若いときは黄褐色で熟成すると褐色に変わります。
年代物のワインはラベルの一部分が破れてしまっていたり、保管の仕方次第で印刷が薄くなってしまうなどもありますが、これらはヴィンテージワインの宿命であると同時に魅力にもなる部分、重度の汚れや破れなどはお酒買取の査定に影響を与えますが、経年劣化などではほとんど問題はありません。
ワインなどお酒の中には箱に入った状態で購入するものも多いけれども、この箱や中に入っている説明書などいわゆる付属品と呼ばれるものが全て揃った状態で査定に出すと高価な値段でお酒買取が実現します。

著者:藤波景吾

筆者プロフィール

三重県東員町生まれ。お酒買取で高額査定を狙う際に役立つ情報をまとめました。
お酒買取を詳しく